合宿免許では短期間で免許取得可能|時間を有効活用しよう

男の人

ローンで免許取得

初心者マークと模型

車の免許を取るために合宿免許を利用することができますが、どのような流れで車の免許が取れるのか説明するので、参考にしてはどうでしょうか。説明する前に知っておきたいことがあるのですが、通常の試験には学科と技能の2つの試験があるのですが、合宿免許を利用すれば公安委員会で行われる免許取得の試験で技能の試験を免除することができます。ただ免除の期間に有効期限があるので気をつけてください。この有効期限はほとんど1年なので、合宿免許を卒業して1年以内に試験を受けるようにします。まず、バスや飛行機などを使って合宿免許の場所に行きます。そこで入校の手続きをしたり、教習所の案内をされたり、そのあとに免許を取るために適性検査を受けるのですが、視力や聴力の検査で運転するうえで問題がないのかチェックします。そのときに視力が悪いと適性検査をパスすることができないので、あらかじめメガネやコンタクトレンズを用意しておきましょう。ただ、普段使っているものでも基準に満たさなければパスできないので、眼科やメガネ店などで前もって検査をしておきます。合宿所で不合格になってしまっては元も子もありません。
技能や学科の授業は2段階になっていて、技能は1段階目で教習所内での運転をし、2段階目で実際に公道を走ることになります。教習所のテストを合格すれば卒業になり、公安委員会の試験に合格すれば車の免許取得という流れになります。元々合宿免許は安いのですが、ローンを組むことが可能です。そのため、資金がないけれども仕事をするときに車の免許が必要になる人でも免許を取ることができます。何か疑問点があるときは電話で問い合わせをして確認しましょう。